kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

2017.8.3  つれづれの記④

                                                  カメキチの目

              f:id:kame710:20150902114233j:plain

 

 

 【続き】

 

[小さな小さな繁華街]

 

「なんとか銀座」までは7㎞。

ひらけた感じがする。小さな盆地という地形。

そこが「故郷」の中心地。実家がある集落みたいに山が陰となっていないので明るい。

役場(バカ《と私は当時もいまも思っている》な平成の市町村大合併によりいまは「市役所」)や商店、病院(医院)、警察署、消防署、電電公社(いまのNTTの前身。まだAUもソフト…もなかった)どが集中していた。

実家の前の川は「小川」。瀬がほとんどなのに、ここではいくつかの支流があつまり、流れは太くなっているので、あちこちに淵もみえ、そこだけ川底は見えない。

たかが7㎞とはいえ、これだけ離れるだけで「地方」は風景がさま変わりする。

 

・バスセンター

ここは国道ぞいの街。だから、街の中心部には「小さな小さな繁華街」とともに「バスセンター」があった。

街は迷路のような小路が走っており、国道の広い道も通っていた。その国道は曲がっているのでいまは旧道で、新しい国道、バイパスができた。いまではバスはそっちの、ただのバス停になった停留所にとまる(人口が減り、交通手段も農業用の軽トラを含め自家用車が一般的になったので、かつての「バスセンター」は建物もろとも消えた)。

ここをネットの結び目にして、私の「半日村」のような集落をふくめてあっちこっちに行くバス路線があった。

また、隣の県の主要地域まで伸びた重要路線の中継地でもあった。

当時はバスにも「特急」「急行」「準急」があり、ここはどこに向かう便も必ず停車し、10分くらい休んだ。もちろん、トイレ休憩だ。

まだ水洗というのはなかった。トイレットペーパーもなかったにちがいない(東京ではあったかもしれないな)。臭いとたたかい、新聞紙を破ってクシャクシャにし、拭いた。

男の立ちションは、当時は子どもだったのでまったく気にならなかったが、一列に並んで飛ばす(垂らす)方式。小便の着地先はセメントで固められているので、ときにはハネ返りがあり、まいった。それに、こっちだってアンモニアの臭いがあり、「大」に負けてはいなかった。

やっぱり都会ではすでに「水洗」はあったんだろか?水洗があれば新聞紙はダメであろうしトイレットペーパーはあったということになる。

まさか、いまのような洋式はなかったにちがいない(まあ、どっちでもいい)。

 

 ・商店①

店といえば、私の「半日村」には一軒の小さな雑貨屋さんがあっただけだ。いま思うと半端な狭さではなかった。

おとなが土間に立てば、5、6歩で店内のすべての商品に手が届いたのではなかろうか。

魚は、2㎞はなれた魚屋さんが自転車(バイク?)で「きょうはAがはいった」「Aを食ったら」と、Aがその晩のオカズになるようすすめた。魚屋さんがきた日の晩はおすすめの魚に決まったようなものだった。

よほどよく魚を食べたのだろう。大きくなって、「お前、骨をはずすのうまいな」「骨だけのこし全部きれいに食うなあ」と言われ、ほめられたのか、貧乏な生活を揶揄されたのか、複雑な気もちをよく味わった。

たまには肉があったのか?(牛や豚を食べたのはほとんど思いだせない)。

育ちざかりの中学時代、安かったにちがいない干し肉(いまでいう「何々ジャーキー」の先祖か)を学校から帰って腹が減っているのでよくつまんだ(盗み食い)。

近所に、それが本職ではなかったと思うけれど、自分で鶏をしめ、ホルモンごと持ってきてくださるオジサンがいた。隣の別のオジサンは農業だが、冬は猟師になり、仲間としとめたイノシシの肉をくださった。

中学校を卒業してから寮生活していたのこと。茶といえば、祖母がムシロにひろげて干している茶葉しか知らなかった私は、友が家から送られたらしい「紅茶」(コーヒーは知っていた)をご馳走になり、番茶いがいのお茶を初めて見た(セイロン《現スリランカ》やインドのアッサムは教科書で知ってはいたが)。その級友は都会からやって来ていた。

ついでにワカメ。

あの、海のワカメである。これは商店ではなく、隣の県から絣もんぺ姿の行商のオバサンが売りにこられた。

どのようにして来られたのか、子どもだった私は知らない。ただ、板状のワカメがとてもうまかったことと、こっちもおやつ代わりにバリバリ食べた思いでは忘れられない。

これもバリバリ食えたので安かったのだろう。

・商店②

「小さな小さな繁華街」の商店は、私の集落のただ一軒の雑貨屋さんが半端でない狭さであってもタマゴ、ソーセージ、マヨネーズ、醤油、ソース、駄菓子…などから線香、ローソク、鎌、鍬、ノート、鉛筆まで扱うのとはまったく違っていた。

いまは「コンビニ」というのがありますが、考えればこれは昔の「雑貨屋」みたいなものですね。

専門店なのである。

呉服店、洋服店、肉屋、文具店、菓子屋、本屋、電気屋、散髪屋、美容院…。

そのうち、スーパーマーケットに発展していく食料品店もでてきた。

それにパチンコ屋(たまに父について行ったはずだが覚えていない)、映画館。

映画館には中学生にならなければ行けなかった。

7㎞向こうの映画館に行かなくても、私の集落では、じきに壊れそうな小屋みたいな「集会所」(寄りあい場)でなにかの端切れのような白い垂れ幕をスクリーンにして、片岡千恵蔵など往年の名スターによる時代劇が上映され、数少ない娯楽となっていた。ときには『にあんちゃん』という子どもが主人公のものもあり、涙がポロポロ…。18か19になって、原作(実話)も読んだ。たぶん、こういうことが世の中、社会を見つめる目に大きな影響を与えたのだろう。

                        f:id:kame710:20170725211200g:plain

一年に一度、「小さな小さな繁華街」のそこでは盛大(と感じた)な祭りが行われ、さまざまな露店が出て、「世にも不思議」とか「奇怪」を看板にした見世物小屋が立った。

「子ども」から「少年」に成長するにしたがい、見世物小屋の正体はわかってきた。

ともかく、たかが7㎞離れただけで、「街はスゴイ!」単純に、すなおに感心した。

子どもの私は純朴だった。

 

〈続く〉

 

                  ちりとてちん

2017.7.31 『動物のいのちを考える』1

                                                  カメキチの目

              f:id:kame710:20150902114233j:plain

 

 

 『動物のいのちを考える』(朔北社)という本にであった。

この前から「つれづれ…」という自分の昔話を書いていますが、きょうはこっちを書きます。ゴメンなさい。

 本は、

①伴侶動物(ペット)

②産業動物(牛や豚など)

③動物園動物

④実験動物(マウスなど)

⑤野生動物

の順で、さまざまな立場の人が書いている。

ブログを始めて広がった私の世界の一つに「動物福祉」というものがあります(カフェインさん、ありがとうございます)。

恥ずかしながら、人間の福祉には携わっていたのですが、「福祉」を動物に広げて考えたことはありませんでした。

 

ただ、歳をとり人間とか人類を相対化し、空間に広げれば「生き物の一種」、時間に広げれば「生命発達の一段階」と思うようになってきた。

ロボット、人工知能、バイオ…と科学技術万能、その身勝手さを嘆かわしいと思うようになってきたので、「動物福祉」という言葉がとてもよく心に響きました。

 

幼いころには、(当時はそういう家が多かった)4坪ばかりの小さな鶏小屋で数羽を平飼いし(母に内緒で生んだばかりの卵をドラキュラみたいに吸ったのをよく覚えている)、かわいがったかどうかは定かでないですが猫も飼っていました。

少年時代。人間の勉強とはいえ鮒や蛙の「解剖」という名目で切り殺した。内臓がどうのこうのより、瞬間ピクッと動いて死んだときの感情の方が心に残っています。

いまは生きた動物(人間以外)とは、犬や猫、ハトや野鳥、虫、泳いでいる魚、動物園でふれ合うくらい。

ブログでは、愛情ぶかくペットを飼育されているみなさんの記事にいつも頭をさがります。なかには、かわいがっていた犬が亡くなってからもずっと悼んでおられる方。障害のある犬と家族のようにごく普通に暮らされている方。小鳥たちに限りない愛情を注いでいる方がおられます。

また、実生活でとっても長く親しく、よくしてもらっている〇〇さんには彼女が愛してやまない△▽というインコと〇というイヌがいます。そのかわいがりっぷりには笑わせてもらうと同時に頭を下げざるをえません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  まだ読みはじめだ。だが早々にショックを受けた。

 

 散歩ではもとより、いま住んでいる集合住宅は「ペット飼育可」なので、イヌを(ネコは家の中)よく見かける。

 朝は早くから夜は遅い時間まで、飼い主さんたちの愛情あふれた姿は微笑ましい(ときどき服を着せられたりするのもいて、「そこまでは…」と感じないのでもないのですが、いろいろ事情があるのですね)

 ペットを飼っていない者には、イヌたちを見かけ「かわいいな」くらいは思っても、彼らの生活がどんなものかは細かいところまではわからない。

 ましてや、「現代ペット事情」の深部はわかろうはずがない。とくに暗い闇など知ろうとしない限り、わからない。

 

 まだ勤めていたころ、家族のように猫をかわいがる生き物だいすきの若い女性がいた(彼女は私が突然の事故に遭ったとき、援けてもらった「いのちの恩人」です)

 彼女はそのペットだけでなく、職場には子どもたちがいたので「いのちの重さを感じる」目的もあり、金魚を飼育していたが、重い水槽をまめに掃除して、金魚たちが気もちよく泳げるよう、気もちよく子どもや職員が鑑賞できるようしょっちゅう水の交換、掃除をしていた。

 また11年前、入院していたときたいへんお世話になった「病友」は、家に7匹も飼うほどの猫ずきの人だ。

退院してからのある日、(車に乗れなくなっていたのでわざわざ迎えに来てくださり)7匹の面々にもあった。

 私はお二人からそれぞれ尿や糞の処理に使う専用の敷物(布ではなく、砂みたいなもの)、「ネコタワー」などネコのおもちゃがあることを知った。

 昔、スーパーで酒のオツマミのようなものがうまそうだったので買おうとしたら、ペット用のものだった。

 いまはスーパーに食料品、百貨店にペットコーナーができ、DIY店などはペットそのものが売られている。生き物展示エリアは広い位置を占め、人気を呼んでいる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 本にもどる。

 

  

 

                    f:id:kame710:20170728155914g:plain

 6年前の資料によれば(2011年度)日本国内で飼われている犬は1193万匹(子どもより多い)で、2013年の動物愛護法改正で不徹底ながらも業者への規制が進み現在は大幅に減ったであろうが、それまでは飼い犬(ということは野犬いがい)の150匹に1匹が何らかの形で自治体に持ち込まれているとのこと。

①は朝日新聞記者の太田匤彦さんが担当し、彼は日本の「犬ビジネス」には大きくわけて二つの問題が存在すると指摘する。

 一つは業者による遺棄

 他の一つは幼齢犬を流通させること。できるだけ幼い犬のかわいさをアピールし、消費者(つまり飼い主)に衝動買いを促す(業者の間では「商品(いまの場合は犬)としての旬」といわれている)。幼く、かわいいほど需要が高く、高い値がつく。

              

・8週(56日)齢規制という常識

これは、犬のかわいい盛はより幼いときにあり(「旬」)、欧米での8週齢規制は(むこうは大型犬が中心だからと)小型や中型が多い日本の実情に合わないとペット関係業者、その団体は自らに都合のいい理屈をいい(本音は「儲け」「利益拡大」)、2013年の動物愛護法改正はこれが骨抜きにされ不徹底に終わった。

1年後、2014年9月の施行後、市町村は犬猫等販売業者からの引き取りを拒否できるようになり、行政による、いわば合法的な刹処分(動物殺し)は大幅に減ったが、業者による犬の大量遺棄事件が多発するようになった。

また、虐待的環境で飼育され(繁殖業者については届け、ましてや資格、免許も不要な野放し状態)、最低限8週は親や兄弟で別れることなく愛情をかけられてこそちゃんとした社会性も備えた犬に成長すると獣医師など専門家にいわれていても、40日前後でペットオークションなど「ブラックボックス」のなかで「生体が競(せ)られる」。

・売れなかった生体は成長するばかり、成長のためだけでなく、いのちを維持していくために「食わねばならない」(あたり前)。食費と手間代は赤字なので遺棄するにかぎる。殺すつもりなくても(「殺すつもりはなかった…死ぬとは思わなかった…」)遺棄するのだ。

 

これを「手前勝手」といわずして、なにを手前勝手といえばいいだろう。

 

これは政治的な問題ではない。だから2013年の動物愛護法の改正で、与党であるとか野党であるとかは関係ない。私は「なんでも反対」ではないですから、改正案をまとめる上でのリーダー役のある自民党議員には感心しました。反対にある公明党議員にはガッカリした。この公明党議員の働きで、せっかく「8週規制」が実現しかかったのに、ペット業者団体のロビー活動に「屈伏」せざるをえなかったようです。

               f:id:kame710:20170729115745g:plain

おととい、ふだんは観ない動物番組を、ほんとうにたまたま観ることになった。私のこの記事のためにというタイミングに驚いたくらいだ。

そこでは、虐待や遺棄、放置などによってかつての飼い主だけでなく、人間一般にまで怯え、クルクル落ち着きなくいつまでも回るという異常な行動を繰り返し、(私のような者でもはっきりわかるほど)とっても悲しそうな目をした犬が映しだされた。

そこは愛犬活動を目的とするのNPO法人主催の「譲渡会」というもので、酷い目にあった犬たちを、愛情ぶかく接してくれそうな、最後まで責任を持って飼ってくれそうな、信頼できそうな人たちに託そうとすものである。

ある方が、クルクル…の犬を「だいじょうぶだよ…あんた(この犬)が大好きだよ…」と心の奥底からやさしく語りかけているのがだれの目にも明らかなように、必死になって(「高速」で)さすってやると、なんと犬は落ち着いてきた。回らなくなった。

これには番組スタッフ、関係者もビックリしていた。

もちろん、私も感動した。

 

 

                   ちりとてちん