kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

2017.11.5 『内田樹の生存戦略』⑦

                                                  カメキチの目

f:id:kame710:20171029114701j:plain

 

 

Q

「いじめ」はなくなるのでしょうか?

 

競争原理の中にいる限り、「いじめ」はなくなりません。

でも、今「いじめ」というのは学校の中だけの現象ではなくて、日本社会全体を覆い尽くしているものだから、ある意味ではどこまで逃げても逃げられないのかもしれません。

60年代からの高度経済成長によって日本はいつのまにか経済大国になってしまった。するとそれまで日本人同士支え合っていた互助精神が希薄になり、鮮烈な「パイの奪い合い」が始まります。

 

 

「いじめ」については、いろいろな立場にある人がさまざまなことをいわれている。

 人により「いじめ」の定義をどうするか、どう位置づけるかによってさまざまな「いじめ論」がでてくる。

 けれども、

 私としては正直、「いじめ」の定義の議論はどうでもいい。

 誰もが人間としてごく自然に、これは「いじめ」なんだろう…と感じるようなイヤな、不快なものごとがあれば、それを「いじめ」といってよいと思う。

「過敏になりすぎ」とか「思いすごし」ということはないと思います。

                          f:id:kame710:20171016162309g:plain

「いじめられる側も悪い」「いじめられる理由がある」…など、「いじめ」を正当化する理屈だけはぜったい受けいれられないが、そうでなければどれにもうなずく。 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 よくいわれる「いじめ」は、水戸黄門的な、「善悪」がきわめてわかりやすい構図のものが多い。

水戸黄門」は単純でわかりやすいので私は胸がスカーっときますが、時々は「世の中、それほどハッキリ白黒つけられない」とボソボソつぶやきたくなる。

その点、よくできたと思うサスペンスドラマなどは、加害者=「いじめ」ではなく、むしろ「いじめ」は、(誤解もよくあるのですが)被害者の側にあり、私は、泣くなく「たいへん申しわけないことをしてしまいました」「殺すんじゃなかった…」と後悔する加害者の方に同情してしまうことがしばしばです。

現代の法治社会では、いくら同情の余地があろうとも、法は絶対であり、犯してはならぬものだから、くたびれ気味の人情刑事もダンディな右京さんも、酷い「いじめ」をしたがゆえに被害を受けた者に対してではなく、ある意味では罪を犯さざるをえなかった加害者に手錠をかけるときは心で泣いていたと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 しかし、個別の明らかな「いじめ」を許さないだけでなく、その温床ともいえる社会システムそのものがうみ出すわかりにくい・目に見えぬ「いじめ」にも注意していかなくてはいけないと、内田さんの言葉を聞いて思った。

 

 内田さんは、「競争原理」の中にいる限り、「いじめ」はなくならないと述べられているが、私もまったくそう思う。

 また、「いじめ」という現象は学校だけ、子どもだけのことではないといわれる。このこともまったくそう思う。

 

「競争原理」ということは、「競争」が法則のように支配していること。

 あらゆるものが(人間でさえ「労働者」として)商品化される資本主義の市場においては「競争原理」の外で生きるのはムリな話なので「いじめ」も、資本主義の世の中では一種の普遍性があり、けっしてなくならないにちがいない。

「競争原理」は必ず勝者と敗者をうみだす。

 

 その場合、勝者が敗者を「いじめる(た)」とはいわない。

「『いじめ』という意図はなかった」「彼(彼女)をそこまで(自死)追いこむとは思わなかった」「つもりはなかった」……。

会社など大人社会のセリフは、そっくりそのまま、学校など子ども社会でもしゃべられている。

上司や、先生は、「見ぬけなかった」…と。

 

 勝者には爪の垢ほども「いじめの悪意」などなくても、「卑怯・残忍なやり方」ではなくても、まったく正当な活動をしていたとしても(他社との競争に勝つのが市場原理なので、結果的に働かせすぎ《同じに働いても、耐性は個人によって異なります。Aさんには耐えれてもBさんは耐えられず、自殺ではなくとも》、過労死する。「ブラック」という働き方を強要する企業・事業所にいたっては論外)客観的には泣く人々が大勢うまれている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 ひょっとして、私も誰かを「いじめ」ている(いた)んではないか?

 加害者になっている(いた)のではなかろうか?

(いまがヒマだから《ヒマではない》思うことかもしれないのですが)、自分が生きているという事実を考えると、ここまで生きてきたことが「ただごとではない(なかった)」と思えてくるのです。

長く生きてきたうちには、誰かを泣かせてきたに違いない。そのつもりがなくても…

自分では他人を蹴おとしてというつもりなんかサラサラない(なかった)、「個人主義」だが「利己主義」ではない(なかった)…そんな生き方をしたつもり…

 

「いじめ」をまじめに考えてみると、何かたいせつなことに気づくような気がしました。

 

                  ちりとてちん

 

 

 

2017.11.2 『内田樹の生存戦略』⑥

                                                  カメキチの目

f:id:kame710:20171029114701j:plain

 

 ウチで「また内田さんのを書くの…」と、ちょっと非難のまじった口調のあきれ顔で言われました。続けて「政治の話が多くておもしろくない」とも。

(本の終わりで、著者自身が政治・社会の話が多くなり…と書いておられた)

そんなこともあり、きょうは非政治的な話にしました。

 

  超能力はほんとうにあると思いますか?

 

A

(内田さんの師匠の)先生はにっこり笑って、「本人(師匠の知人)が(ご自分の身体が)浮くと言ってるんだから、そりゃ、浮くんだろう」と即答されました。僕、このスタンス、好きです。

                       f:id:kame710:20171025135929g:plain

超能力はあるんでしょうかという問いより、超能力者のうち信じていい人と、ついていってはいけない人はどこで見分けたらいいのかという問いの方がずっと現実的だと僕は思いますけど。

 

 おもしろいQandAと思った。

 

 ツレはこの手の話が大好きで、ずっと前から(たぶん私たちが出あったころから)「私は宇宙人はいると思う」と言っていた。

「思う」であって「見た」とは聞いていません。「スプーンを曲げる」とか「体が浮く」というのはあまり気をひかないようですが、念力とか「相手の心を読む」というのも宇宙人とともに興味津々。

 私は自分の人生で、まだ宇宙人に出あったこともUFOも見たことがない。

 なので、現在のところは「いるともいないともいえない」と思っている。つまり「わからない」。

細かくいえば、「いたらいいなぁ」と思っています。

ところで、私も「共時性」というもの(離れたところで同時になにかが起こる)は信じています。いちばん近いところでは、木から落ちた時に、ツレは当時はたらいていた県庁の診療所で消毒用の瓶の蓋が割れたと言いました。時間がまったく同じだったのかどうか、あとで詳しく調べる余裕、ヒマはそのころなかったのでわからないですが、世間でも似たような話はよく聞きます。

 

じつは内田さんは大学生だったか大学に入る前に、東京の自宅か大学の近くで、あるとき(遠くからだったのでハッキリとはわからなかったけれど)、ほんとうに見たのだそうです(それを信じておられる)。かなり衝撃的な体験だったようで、以後の内田さんの(確たる)「信念」の形成に大きな影響を及ぼしたらしい。

 

さっきの木から落ちて死にかけた体験。幸い、救急車で病院に運ばれ助かりました。

木にのぼっていたのは剪定作業をしていたからで、そのことはよく覚えています。でも、落ちるとき、落下してからのことは覚えていません。最初の記憶は「ここはどこ?」と(テレビドラマでよくあるごとくつぶやいた)病院ベッドに横たわっている自分を意識したとき。

そのとき、ツレが「まばゆい光を見た?」と訊いたことがあるけれど、私の返事はNO。

臨死体験した人がよく見るという光は見なかった。「見た」のかもしれないが、覚えていない(「見なかった」ということは逆にいえば「死に臨んだ」わけではないのか?まあどっちでもいい)。

 

 先に「(宇宙人)いたらいいな」と書いたが、よく「極楽・天国、地獄。あると思う?」という。

 これも私はまだ見たこと、行ったことないのであるともないとも言えないけれど、宇宙人の存在と同じく「あれば(あったら)いい」と思う。

「地獄」の存在はとくに願う(「天国」はどっちでもいいが)。

(とくに、法律・制度・政策の制定という多くの国民に影響を与えることを仕事としている政治家たちは、国会の場で居眠りする議員、知らぬ存ぜぬでシラを切リとおしたりウソを平気でつく首相、「忖度」してばかりの官僚は、自分の大きな罪を自覚しなければならない。地獄におちることを覚悟しておかなければならない。必ず閻魔大王にベロを引きぬかれるに違いない。

恐ろしいことだ。地獄に落ちるとは!

私自身は自分の人生をふり返り、地獄にいくようなマネはしていないつもり。でも、「つもり」であります)

 

 内田さんは、超能力はあるかどうかと問うより、「超能力者」を自称する人、「超能力がある」と言う人が信じていい人かどうか、どこで見分けたらいいかが現実的だといっておられるが、私もそう思う。

いまだに「経済成長」を説く人、モリカケの首相、トランプ、金正恩らは、私には「身体が浮く」という人より信じられない(アッ、最後に政治が出てゴメンなさい)。

 

                  

                  ちりとてちん