kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

カメキチの目(2014.1.26 『たとえ…』)

 

  ♭ おたずねくださり、ありがとうございます 

  

 (ブログパーツUL5人目の方)

  

 

たとえ世界が終わろうとも 私は オレンジの木を 植えよう』

20~30年前、そのころ住んでいた借家のトイレに貼っていた。

                             f:id:kame710:20140122140926g:plain

 たまたま新聞に載っていたイスラエルの古くからの言葉(この言葉の「オレンジ」が「梨」だったり言い回しが変わったり、いろいろな言い方がある)。これを知り、当時の私は顔面にフックかアッパーを浴びた思いがした。

 それからも折々、この言葉をフッと思う。

 

 思春期。私も悩んだ。「人間」とか「生き方」について、人並みに考え、そのため古今東西の名言・金言の載った本を何冊も読んだ。

 読んでは「なるほどザ・ワールド」。でも2~3日たてば忘れた。

  が、これは違った。

 たしかに、人生の現実は『私がオレンジを植えようが植えまいが 世界は続く』。

 そうだが、私はオレンジの木を植える。

                                                                                         f:id:kame710:20140124121933g:plain

 それしかできないが、それができる。

 どうやら生きるというのはそういうことらしい。そのことがやっと、私にもわかりかけてきた(気がする)。

『親孝行 したいときに親はなし』。『生きること わかりかけたら命なし』

 

                              ちりとてちん

 

   f:id:kame710:20131225102424j:plain

   

  ギョッ!

   なんの花と思われますか?

   

   やっぱり、そう思われるでしょ、ツツジかサツキの仲間。

   こんな寒さの中で、これだけが花をつけていた。