読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

カメキチの目(2014.12.25 この一年をふり返り②)

    おたずねくださり、ありがとうございます 

  

   

                

 

 

 なんと嘆かわしいことだろ。「トホホ…」である

 

               

 先日、「ファミリーマーケット」でネット購入の代金支払いをした。2回目である。コンビニに設置されているアレを使い、注文・支払いの手続きをした。

                            f:id:kame710:20141225102855j:plain

 1回目、つまり初めてのとき失敗したので、トラウマになるほどではないが、けっこう傷ついた。あんな恥ずかしいマネはしたくなく、なんどかイメージトレーニングまでつみ、やってきた。結果、こんどもうまくいかなかった。

(ネットの注文品の支払い方法に代引きはなかったのです。私としては「なんでや?」とそのネット店に抗議したい気もちです。よく考えれば、代引きという支払い形態は「物々交換」という、“経済”の基本でしょうに。しつこいけど、「なんでないのや?」)

 なにが失敗かといえば、私の指先の力の入れぐあいが悪いのか、画面に向かいタッチし、数値を打ちこもうとするのだが、押しても無反応なのである(というか、押しても数値はいっこうに反映されないのである)。たまに、打ちこめるのだが、途中で止まる。だから、あせってくる。気ぶんも悪くなってくる。で、後ろをふり返れば次のお客さんが待っていた。

 そのかたはサラリーマンふうの人だったが、親切で、代わりに打ってくださった。そのかたの指先では、フシギなことにスイスイいく。最後までスムーズに打てた。

「ありがとうございます。」

 1回目のときは店員さんに助けてもらった。

  この前は食べることを書いたがきょうは指先である。ことしはいろいろ、身体の不具合を感じることが多かった。

 で、なにがきっかけだったか忘れたが、太極拳の本を買った。いつか太極拳を身につけ自分の身体をコントロールできるようになろう。

 

 ことしはもうひとつ、強く感じたことがある。

「哲学」。

 哲学する、といえば高尚に聞こえるが、なんということはない。

「人間とは?」「生きるってなんだろう?」「世界とは?」と問えば、人はだれでも「哲学者」なのだ。

 哲学にも目を向けてみた。いろいろと読んだ。そのいったんを次回③でご紹介します。

 そもそも…、私はカメである。 日本人でもある。 なんでそうなのか?  

 虫でもよかったのに。チンコロリン。  

 

             メリークリスマス!

 

                             ちりとてちん

 13 くま

f:id:kame710:20141223135643j:plain

 かわいいでしょう。

 

でも、すまないけど、みんな(このあと続く)檻に入ってね。

そのうち動物園を作らせていただきます。