kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

カメキチの目(2015.10.7 クサァ―)

                                                  カメキチの目

              f:id:kame710:20150902114233j:plain

   

 

 

 

 

 ごめんなさい。

「クサァ―」は「臭ぁー」です。

 

 ちょっと前、ギンナン拾いに行った。

f:id:kame710:20151002092543j:plain

f:id:kame710:20151002091810j:plain

「行った」が、どこか遠いところでなく、近くの公園。散歩がてら。しかし、拾う準備は万端。

 スーパーの袋三つくらい・使い捨て手袋・火ばし(屈みにくい私のためサイが用意してくれた)。

f:id:kame710:20151002094454j:plain

 このあと果肉をとる。

 

 私は、イチョウの大木を見あげ、このブログの読者さんに教えていただいたことを思い出した(ありがとうございました)。

 太古の大昔からイチョウはあった。

 樹をみていると、イチョウと大きなシダ類が生い茂った草原をノッシノッシ、ドドドー。さまざまな恐竜が歩き、走っているところが想われた。

f:id:kame710:20151005083611j:plain

                   f:id:kame710:20151005125716g:plain

 人類の登場は恐竜時代と重なるわけないので、あり得ない場面だけど、あまりに小さいわれわれの祖先が石鏃(セキゾク=矢じり)を先ちょにつけた棒でおそるおそる向かうところも想像した。

(長野と新潟の境あたりの野尻湖あたりでは、じっさい、ナウマンゾウを相手にしていたらしいですね)

 いまは地球の王者のごとくふるまっている人類。

 ヒェーヒェーと雄たけびをあげている人間を描いていて、現代人との差に想い浮かべ、思わずプッとなった。

(彼女がクサいのをガマンして作業しているというのに、ひとりベンチに腰かけ、いい気なもんですみません)

 

 家に帰って、

 炒り、殻を割る。

(これは翡翠ではありません)

f:id:kame710:20151005083928j:plain

 食べた。

 巨大な草食竜も食べたのか。

 甘くも苦くもなかった。強いていえばイチョウの味?

 舌ざわり、歯ざわりがよかった。うまい気がした。

 

 

                   ちりとてちん

 

92 バナナ

f:id:kame710:20150823205921j:plain

 

 前のクワガタと比べるとあまりに簡単で、すみません。

見本はこうだったのですが、ちょっと工夫して、左下の角っこは

何回か折り、丸くしたほうがそれらしかった、と今、気づきました。