読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

カメキチの目(2015.12.30 ラセン)

 

 

                                                  カメキチの目

              f:id:kame710:20150902114233j:plain

   

 

 

 

 

 

 

 2015(平成26)年も、あと一日。

 

“時”を思う。

“時間”は二通りあると、前に読んだ 本に書かれていた。

  •  一つは私たちがふつうにいうカレンダー的な、線的な時間。(いちおう)無限に続く。          本には、“時間”といっても始まりと終わりがある。時間は宇宙の始まり、いわゆる“ビッグバン”とともに始まったから、宇宙の終わりとともになくなると説かれていた。                   (その説が正しいとして)だから正確には、無限ではないということだろうが、日常の実感としては、無限・永遠である。
  •  もう一つはもとに還る円環的な時間。      といっても、まったく同じところにかえるのではない。                      先のが自然の時間なら、さしずめ一生の時間といったところか。

 二つを合わせれば、(いちおう)無限に続く螺旋になろうか。

                       f:id:kame710:20151220162936g:plain

 〈螺旋〉

 DNAの形は螺旋状。

 宇宙は膨らみつつある風船によくたとえられるが、銀河とか星雲の形はうずまき姿で、螺旋とよく似ている。

 超微細な世界と、超広大な宇宙に共通したものがみられるのはどうしてなんだろう?

(日常的な形に結びつけるのはナンセンスかもしれないが)ドリルやネジのようなかっこうはなんか意味があるのだろうか?

 

 2000年をカウントダウンで迎えたのがついこの前のような気がする。あれから早や16年。

 

2015年。ありがとう。

みなさん。どうもありがとうございました。

 

                  ちりとてちん

 

115 ポチ袋

f:id:kame710:20151228161127j:plain

折り方もいろいろあると思います。

きれいな和紙で折るとステキです。

たとえ正月じゃなかった少額でも、何倍にも見えます。