読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

2016.5.17 アート祭り(後)

 

                                                  カメキチの目

              f:id:kame710:20150902114233j:plain

   

 

 

 

 もうひとつ強く感じたことがあった。

 

 そのアートは作品ではない。

 いや、自然の作品。ありのままの「作品」というべきか。

 それは「一本の樹木」。

 

 アート祭りは、山の上の平地で行われた。そこはいちおうは街。

「いちおう」と言ったのは、芸術家と非芸術家のみなさんが住んでおられるが、軒数は少なく、買い物するところ(店)も見かけなかった。自販機はありました。 

 

  その樹木。保育園の庭(グランド)にはえていた

 桑の木である。

 みごとな幹と枝ぶりだ。

 幹が立ち上がっているのはあたり前だが、目を引いたのは枝である。

 太い枝が地面すれすれに真横にのびていた。

あとでその園の保育士さんに聞けば、昔、雷にあって裂け、いったんダメになりかけた枝がぶり返したとのこと。その生命力に感動し、そのままにしておいたらいまのようになったらしいです。

スゴイですね。自然は!

 おとなたちが堂々とした木に目をみはるより先に、子どもたちは駆け幹に枝にと、取りついていた。まるでサル、なかにはオランウータンになる子もいた。

 

 保育園はアート祭りの休憩所のひとつで、参加者に開放されている。

 保育園といっても、ここは山のてっぺん。人の少ないところに何で保育園?

 心配ご無用心配していません。ここはM保育園の分園。というか付属の別棟なのだ。本園は山の下、ふつうの街中にあります。

 ここはあまりに自然環境に恵まれている。園庭にはこんな立派な桑の木が立っており、園児たちのかっこうの遊び場、木登り場所になっている。

 だからメインは園庭で、桑の木と大きな土山がある。あとは、土山に駆け上るだけの助走がゆうにラクなけっこう広いグランド。

 園舎といえば、掘っ立て小屋と言ってすみませんみたいな平屋の、床だけのプレハブハウスだけだ。

 

 

f:id:kame710:20160504143939j:plain

f:id:kame710:20160504145418j:plain

 私は思った。この樹木は人が作った芸術作品ではないが、「アート」だなあ、と。

(前)で書いたようにアートの原義は「間接的に社会に影響をあたえるもの」である。

 続けて思った。私はアート作者にはなれないが、アート発見者にはなりたいなあ、と。

 

                   ちりとてちん