読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

2016.12. 20 カジノ  後

                                                  カメキチの目

              f:id:kame710:20150902114233j:plain

 

 

 

 

 カ・ジ・ノ。

 

 カネがあいだに入らないのなら、ただの遊び、ルーレットやトランプ、ゲーム、ジャンケンポン、くじ引きと変わらない。

遊びでは、「ウン」があるとかないとかいっても、いちおう万人に平等だ。

 たまに損しても(遊びだから、たまにかけても小額)、負けても、笑ってすませる。

 

 ところがカジノ。

                     f:id:kame710:20161218130938g:plain

 そこではカネが「主人公」。

プレイヤー(する人)なんて「奴隷」とまでは言わなくても「脇役」です。バクチをめぐる悲喜劇、ドラマのネタに困ることはありません。でも、あくまで「主人公」はカネ。

悲劇のいちばんは、「ギャンブル依存症」もありますが、これがもとで起こる「家庭崩壊」と(私は)思います。

脇役のなかには、素ッカラピンになる人もでる(それは「自己責任」と主催者、国は言うでしょう。だって、やるも自由。やらんも自由。100%「自己責任」。国や主催者は「やれ」とは言っとりません)。

素ッカラピンは失うものが0なのでいいですが(よくはない)、まだ賭けるカネがあると、人間は弱い者ですから(私も)負けを取り返そうとし、「こんどは!」「次こそ!」と、アリ地獄にはまります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 で、胴元の国とか主催者(国そのものは法や制度を用意し、あとは勝手に自治体や民間事業者がやって大儲けしてください、とお墨付きを与えるだけでしょうが、広い意味では税金をとるので一種の「胴元」ですね)

「カジノで海外の大金持ちを呼び込み、日本経済は大発展!」 その流れで海外をみれば、↓

「国は取り分を、OECD(経済協力 開発機構)などを通じたりして、開発途上国(貧しい国)に支援する。カネの流れはすばらしい」↓

 

「文句ないね!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 他の税金とかといっしょになって、確かに日本のおカネ(カジノ収益も一種の税金でしょう)が海外援助に使われる。

 

 ひるがえって…

 自分が被援助の立場(ここでは国内)、支援される側だったらどうだろう?

「バクチに使われた、賭けの収益なんかいらない!」

「わたしゃ品位、プライドをたいせつにしたい。『武士は食わねど高楊枝』というではないか」

と突き返す、もらうのを拒否するだろうか。できるだろぅか。

 

 こんなカネもカネ。カネに汗水たらした「労働」も、遊び・賭け事(それに費やしたカネも、汗と涙の結晶かもしれない)の「カジノ」もない。

かって私は勤めていた子どもの施設で、その施設の建て替えで、(私たちとしては)莫大な予算を必要とし、国や自治体の補助金は少ないので、某民間団体に補助してもらいました。

そこは、スポーツで勝ち負けを競う、いわゆるギャンブル団体なので(だからギャンブル依存症の「発生源」といえますが)、複雑な気持ちでした。

上司は言いました、「お金に良いも悪いもない。確かにもらうお金の出どころはギャンブルだけど、それが原因で壊れた家庭の「償い」みたいなものをしてくれていると考えたらどうや…」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 小額で遊べる大衆娯楽の定番「パチンコ」。

(おすすめはできませんが)私の若いころは一つひとつ玉を打ち、バスや電車の待合いのいいヒマつぶし(今ならスマホ。なんでか、どっちも手の指を使いますね)に、よくやりました。

スッても(負けても)、300円か400円(一回100円でいくつかの《何個あったのだろう?》玉をもらい、これで勝負)。

(今はパチンコも「進歩」し、電動式になったし、スロット・マシンとか、カネもうけだけに特化したようで、「ヒマつぶし」の遊び要素はあまりなくなったようで、私にはワケのわからない世界に変化し、もう40年もやっていません。かろうじて、孫の「ほとんど頼りにならないガードマン」としてゲームセンターについて行ったとき、パチンコらしき台を見ました。が、やはりワケがわからなかった)

 馬や自転車やボート。

 それらとカジノのどこが違う?

 

 カジノは純粋なマネーゲーム

 そこではカネが「主人公」なのだ。

 馬でも、自転車でもボートでもない。

 レースじゃない。

 選手ではない。

 

               ちりとてちん