カメキチの目

2006年7月10日が運命の分かれ道、障害者に、同時に胃ガンで胃全摘出、なおかつしぶとく生きています

本を読んで

2022.2.4 「偶然」と「神」 (前)

10年前、仙台の自宅にいて東日本大震災に遭った岩田靖夫さんという哲学の先生の 本を読みふかく考えさせられた。 岩田さんは10年前でも老人。 6年前に83歳で亡くなられている。 多くのことを勉強され、教えてこられたけれど、それらの業績をふくむ人生が 一…

2022.2.1 『ハーモニー』

『アイの物語』にとても刺激されたので、また人類社会の未来を考えさせるものを 探して読んだ。 ヒト型ロボットもクローン人間も登場しなかったけれど、ほんとうにスゴかった。 「スゴい」とは意味のうすい便利な言葉だけど、語彙のすくない私には他の表現が…

2022.1.28 「生まれてこないほうが良かったのか?」

真剣さ、深刻さがたりなかったのか、それとも「なんとかなるだろう」との楽天が まさっていたのか、私は「生まれてこないほうが良かったのか?」と悩んだことは なかった。 ましてや「死にたい」とも。 この歳になっても人生はわからない。 わからないから、…

2022.1.25 この生もまたあってよかった

生きるということは、ひとつ残らず「縁」だと思う。 (「偶然」「出あい」) この本と「縁」があったと思って読んだ。 いい縁だった。 『思想の落とし穴』 鶴見俊輔 (グーグル画像より)鶴見さんのお名前は、ずいぶんと昔から新聞や本で聞くことがあって、 …

2022.1.21 『アイの物語』(後)

最後です。 ----- ③「アイの物語」 【引用】 「「ヒトは気がついてしまったのよ。自分たちが地球の主人公にふさわしくないことに。 真の知性体じゃなかったことに。私たちTAIこそ、…真の知性体だったことに」 … 「真の知性体は罪のない一般市民の上に爆…

2022.1.18 『アイの物語』(中)

人は誰でも「いま現在、身のまわり」がいちばんだいじだが、未来の人間世界が わからなくても、想像はできる。 この本を読み、「現在の自分をだいじにする」ためにも(ときどき過去をふりかえり 反省するように)未来を想像してみることのたいせつさを改めて…

2022.1.14 『アイの物語』(前)

『読んでいる最中にもなんども思わず、フゥーっとため息をつくことがあったが 読みおわり、こんどはそれら全部まとめて深くついた。 そして、しばらくの間はボーっとしていた。 『アイの物語』という小説で、作者は山本弘という。 (グーグル画像より) 愛読…

2022.1.1.7 「貧困女子」

『ルポ貧困女子』 飯島裕子著という本を読んだ。 これも愛読の爽風上々さんのブログで紹介されていたもの。 爽風邪上々さんもいわれていたけれど、とてもいい本だった。わかりやすかった。 うくまとめておられるのでぜひお読みください。 ↓ sohujojo.hatenab…

2022.12.28 正岡子規 「生きているということ」

『正岡子規 人生のことば』 復本一郎 病気による、なみなみならぬ痛み。 その痛みとの壮絶な闘い。 この本は、身体の「痛み」という誰にもわかるシンプルな感覚をとおし、 (といっても、子規の痛みは子規にしかわからなくても、何とか想像はできる) いまこ…

2022.12.21 LGBT

20年くらい前、働いていた児童福祉施設でのこと。 退所した子どものお父さん(気さくで職員のだれとも仲がよかった)が、 女装した姿でたずねられた。 「○○さん、そっ、そっ、それは…」私たち職員は目を丸くした。 パーマ(かつら)にオシロイにまっ赤な口紅…

2021.12.17 鈴と、小鳥と、それから私…

『平等バカ』(池田清彦・著)という本を読んだ。 言葉ではかんたんに言える「平等」。 私は心地よい言葉に酔うことがあるので気をつけなければならないこと、そして、 「平等」を口にするときは慎重でなければならないことを思った。 第4章に「平等より大事…

2021.12.14 「不要不急」 その3(何が「エッセンシャル(本質的)」なのか?)

(きょうは「不要不急」の最後) 南直哉さんという禅僧の「何が『エッセンシャル(本質的)』なのか?」です。 【引用】①「〈「不要不急」経済の果て〉 現今急激に進展するIT・AI技術は、まさに身体性の消去を目指す技術とも言える。 バーチャルリアリティ、…

2021.12.10 「不要不急」 その2(要に急がず不要に立ち止まる)

その2は、阿純章さん(天台宗の僧侶)の「要に急がず、不要に立ち止まる」です。 【引用】「〈”要“と”急“からの解放〉 不要不急も決して悪いことではない。 案外、自分のやっていること(あるいは自分自身の存在すら)が不要不急であると気づいてホッとする …

2021.12.7 「不要不急」 その1(無用の長物)

東北大震災の「絆」のように、コロナ禍では「不要不急」がいちやく有名になった。 (やっと「不要不急」もお払い箱になったかと安心し、《地域版ではあっても》「GoToトラベル」が 再開されてきたが、「オミクロン株」のせいでまた叫ばれるかも) (グーグル…

2021.11.26 ムヒカ流生きかた

中村桂子さんの本は「いのち」についてとても深く考えさせる。 自分の「いまあるいのち」「いのちを続けていくこと」が生きものにとっての 根本的な原理でだいじなことだという。 だけど、人間だけが「いのちよりだいじなもの」がある、という幻想を抱く。 …

2021.11.23 選べない物事

ちょっと前の朝日新聞「折々のことば」にあった。 【引用】 「家も親もからだも顔も才能も何一つ選ぶことができない私たち。 誰もがそんな「選べなかった自分」の大変さを背負って生きている。 (田中美津) 「なんで私の頭の上にだけ石が落ちて来たの?」と…

2021.12.19 フッと心にうかぶこと 

前々の記事にちょっと引用した本、 『万象の訪れ わが思索』 渡辺京二・著 は、前記事のような「生の深み」という言葉こそなかったが、「万象の訪れ」が 人生を強く感じさせてくれた。 (グーグル画像より) 「万象の訪れ」。いかにも「生の深み」を感じさせ…

2021.11.16 「退屈」と「しあわせ」

書名にひかれ、短編集 『ポケットアンソロジー 生の深みを覗く』 中村邦生編 (グーグル画像より) という文庫本を読んだ。 私は、デリケートな感覚や細かな神経をつかわないといけない(理解できない) 物語は苦手だ。 (本にはいくつかの短編小説が出てき…

2021.11.12 生活世界

ブログを読むとき心で挨拶をする。 Aさん、Bさん、Cさん…「おはようございます」「こんにちは」。 そして、きょうもお元気でよかったと安心する。 「読む」といっても「ななめ読み」もする(ゴメンなさい)。 まいにち書かれている方の記事がないと気になる…

2021.11.5 『しあわせ中国 盛世2013年』‐後‐

つづき ② 「民主主義」で14億もの人口と広大な土地を統治できるだろうか? 統治・管理(支配)はできても、個人の人権を尊重できるだろうか? 中国は、ともかく土地が広大で人が多い。「広すぎる、多すぎる」(と私は思う)。 これだけの広さと人数を統治し…

2021.11.2 『しあわせ中国 盛世2013年』‐前‐

『幸福な監視国家・中国』で紹介されていた「発禁処分を受けた問題の書」、 『しあわせ中国 盛世2013年』 著・陳冠中 という小説形式の本を読んだ。 (グーグル画像より) 前は「幸福」、こんどは「しあわせ」。 『幸福な監視国家・中国』のほうが2019年と新…

2021.10.26 『幸福な監視国家・中国』‐後‐

ベトナム戦争反対のデモで機動隊に追いかけられただけでも恐ろしかった。 いまはあまりデモもないし、あっても取りしまるようなものじゃないので恒常的な組織としては 「機動隊」はないのだろうか。 ふだん必要なくても必要になればつくればいい。ふだん穏や…

2021.10.22 『幸福な監視国家・中国』‐前‐

14億の人がくらしているというから大国。 人も多いが、国土があまりに大きい。 小さな島国といわれる日本にいる身には想像がむずかしい。 (同じ地球人といっても、生きる基本は同じでも生活感覚はちがっていそうな気がする) (グーグル画像より) けれども…

2021.10・15 川の流域

③ 「川の流域」。 「川の流域」という観点がとても新鮮に感じられた。 (グーグル画像より 大阪湾にそそぐ大和川) 水なくしては生きていけないけれど、「流域」という目で川と人の暮らしをみた ことはなかった。 (「川の流域」。近年はとくに氾濫、洪水な…

2021.10.12 人類と感染症

② 新型コロナで、感染症と人類との深い関係にあらためて気づかされる ことになった。 (本には「感染症」との関係が多くのべられていました。 はじめに三点だけ引用し、あとからは引用にこだわらず、それぞれ思ったことなど書きます) (グーグル画像より)…

2021.10.8 「四大文明」史観をうたがった

① 「世界四大文明」史観をうたがった (「長江文明」と「縄文文明」) 長江(昔のいい方で「揚子江」)流域で近年、広大な遺跡の歴史的発見があった。 常識のようにいわれている「世界四大文明」をうたがわなければならないほど 重要なことだと、著者たちが…

2021.10.5 『環境と文明の世界史』

スゴイ本だった! 目がさめた、ウロコがはがれた思いがした。 (読んでホントよかった。紹介してくださった爽風上々さんありがとうございました) 学校で教わることは正しいと思っている(正確には「思わされている)。 それが「常識」だと。 (昔は「こうい…

2021.9.28 『人はなぜ宗教を必要とするのか』‐後‐

前回の続き(終わり)です。 第4章は略し、第5章、最後の第6章へ ーーーーーーーーーー ‐5⃣‐ 「〈第5章 「凡夫」という人間観〉 「凡夫」という言葉は、自分について使う言葉であり、他人を見て、あの人は「凡夫だ」、 といういい方はしない … 「煩悩」とは…

2021.9.24 『人はなぜ宗教を必要とするのか』‐前‐

『人はなぜ宗教を必要とするのか』 阿満利麿・著 1999年出版と古いのですが、宗教には新・古などほとんど関係ない。 とてもすばらしい本だった。 (長くなりますが、本の流れにそい、そのつど感想など書きます。 大きく1⃣から6⃣までの六つに分け、きょうは1⃣…

2021.9.17 土偶

いまも手が震えてくるような気もちです。 土偶。 (グーグル画像より) 著者、竹倉さんは上の写真のような土偶(これは津軽半島の亀ヶ岡遺跡の「遮光器土偶」。 「シャコちゃん」といって当地のユルキャラのように可愛がられています)について何なのか? と…

<