kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

2018.1.10「ケンカ」

                                                  カメキチの目

f:id:kame710:20171029114701j:plain

 

 

先日、私の子どもくらいのお歳の読者(「マミーさん」といいます)が、「夫婦が睦まじくあるために」の「ケンカのしかた」を、とっても読みやすく、納得しやすく書かれていました(すばらしかった!)。

こんどの記事に限らず、読者の心をワシづかみにされるマミーさんですが、1月4日のぶんをご本人の許しをえて掲載させていただきました。

先に「すばらしい!」と感嘆したあとなので、私のつまらないケンカ話は「どうしようか?…」と悩んだのですが、まっ、こういうつまらぬのもある、恥さらしも「反面教師」にしてもらえるかなと思い、やっぱり書くことにしました。

(長年つれそっていても、「思いのズレ」を原因にケンカすることがあり、もっと若いときにマミーさんのこの記事にあいたかったです)

 

昔の蚊取り線香の「金鳥(キンチョウ)」のCMが好きでした。

「つまらん、つまらん」とクソ真面目に演じる大滝秀治さんのやつ。

                         f:id:kame710:20180103203401g:plain

それ以上に「つまらない」「くだらない」のが、私の夫婦「ケンカ」(バージョン豊かで形はさまざまですが)。

さすがに歳とって少しは「賢く」なり、バトル数は減ったけれども、賢さが足りないのか絶えることはありません。『トムとジェリー』のようにかわいく、大の仲よしの裏がえし(ときに「そうかも」と思うのは願望)ならいいのですが…

あとで冷静になり話しあっている(仲なおり)と、100%私に原因、きっかけがあることに気づきます。

すぐそのことに気づいて謝ればいいのですが(「男の沽券」とまではなくても、「我の強さ」もあり、すなおになれない《時間をおけばすなおになれるのですが》)。いくらいい加減でご都合主義でノー天気の私でもさすがに自己嫌悪に陥ります。自分の醜さ、いやらしさを痛感せざるをえない。

思えば「ケンカ」はリトマス試験紙みたいなものだと思う。何もなけりゃ酸性でもアルカリでもいいんですが、「ケンカ」すればあぶり出される。見たくない自分や相手も見えてくる。

「見たくない」ものを見られ、「それがホンネでしょ!…」と泣かれたぶんには、トホホ…

こっちが泣きたくなる(だいたい女性のようには、こんな場面で男は泣けない。相手が泣くと、私は「女を泣かす」ヒドい男になる。トランプどころではない)。

「ケンカ」というものはじつにやっかいなもの。若くても老いてもそれは変わらない。

 

「ああ、やっかい…だからケンカはいやなんだよぉー」

そうならないためには、①そもそもしないこと。②誤ってした場合、すぐに謝ること(ただし、つまらないケンカに限ります。相手が不倫したとか、冷めた関係になった…など深刻なものは別)。それに、マミーさんの記事を読ませていただいた今は、「不機嫌の椅子」の考えを①や②の前段に据えます。

 

 ついこの前のつまらん「ケンカ」で、弁解じみたことを私は言った。

 パッと出てきた言葉は「射るような眼(まなざし)で…(こっちを見ないでくれ)だった(もちろん反省!)。

 それは、身体障害者になったことの「劣等感」「負い目」「被害妄想」みたいなもの。「」のそれぞれは違うけれど、入り混じったネガティブな感情。

 これまでそれほど自覚してこなかったが、自分の内面にそんな「塊」が滓(おり)のように淀んでいるのではないかと思った。

(もう《障害者になって》11年半になる。これまでは自分の性格、鈍感が、ネガティブになることを避けさせてきたのだろうか。これは私の一種の「生存戦略」だな)

 

 

                  ちりとてちん

 

 

 

 

<