kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

2019.1.18 「家政」②

                                                  カメキチの目

f:id:kame710:20171029114701j:plain

 

 

【引用】

アメリ人家族にとって、持家所有は“アメリカン・ドリーム”の基本的な構成要素である。それは高い住宅水準と資産形成を可能にし、同時に家族の成功と安定、そして独立を象徴する。…

こうした事態は戦後の日本においても共通している。それは、戦後の日本の市場の活性化がアメリのそれを模倣し、アメリカン・ウェイ・オブ・ライフを自らの夢としてきたことによっているといえるだろう。…

土地を整備し家をつけたセットで売るレヴィットの住宅は、日本でいういわゆる建て売りの住宅である。…

わたしたち日本人が想起する戦後「アメリカン・ホーム」のイメージがそうしたテレビ番組をとおして定着するわけだが、そのドラマの番組になったのがアメリの郊外住宅であった。

しかし、どのような家族関係、家庭生活が理想的なものであるのかは自分たちで考え出すことはできなかった。彼らは、住宅や家電やクルマを手にした過剰消費生活を実現しつつあった。…

彼らは、パッケージ化された郊外住宅を手軽に手に入れたように、家族関係や家庭生活のモデルもまた、自分たちの外部に求めることになった。そうした欲望に応えたのが、ホーム・ドラマだったといえるだろう。共同体や古い家族、そして消え去った近代のプロジェクトがつくろうとしていた新たな生活の理念に変わって、テレビが家事や家族関係のモデルを示すことになったのである。…

 

                   f:id:kame710:20181224122332g:plain

ーーーーーーーーーー 

 古い世代には何かしら心あたりがあることです。

(とくに「テレビが家事や家族関係のモデルを示すことになった」には深くうなずいた)

「批判」ということを知らない子どもにはテレビの影響は絶大です。

(私には強烈な思い出がある。子どものころにはアメリ製のホームドラマとならんで多くの「西部劇」が放送された。インディアン《いまは「ネイティブアメリカン」という》が悪者と描かれ、白人(カウボーイとか保安官、騎兵隊など)が正義とされる《もちろんそういう紋切型、パターンばかりでは物語としておもしろくないので、ときにはやさしい主人公《白人》が、ちょうど水戸黄門が庶民にやさしくするようにお情けをかける》。私は18のとき、『ソルジャー・ブルー』という映画をみて衝撃を受けた。その映画は初めてみたインディアン側《つまり先住民族、虐げられた立場》の視点から描かれた西部の物語だった)

 

 いちばん初めの家電はラジオ。次がテレビ。

 次の次は冷蔵庫。

 貧乏だった(とわかったのはずっと後のこと)が、世は「高度経済成長期」(そのことも後で知る)。田舎にも都会とはずいぶん遅れてからですが(そのうえ減ってはいても)恩恵がふってきました(これが元祖「トリクル・ダウン」?)。冷蔵庫も買えた。

 とても嬉しかった、冷蔵庫(製氷室つき)。

 テレビやラジオの電波は目に見えないので頭では理解できても、感覚的にはピンときません。だからテレビは不思議でしたが、水が凍れば氷になるとは冬の道(土)の凹みの水たまりが凍ったのを見ているから不思議ではありませんでした。

 暑い夏に氷が食べられること。テレビ以上に嬉しかった(子どもには食べものがいちばん)。 

 

ーーーーーーーーーー

「持ち家に家電」。

 

 私は生まれ育った土地が山村で、周りにはサラリーマンはあまりいず、兼業農家(「兼」のほうは土方仕事が多かった)がほとんどだったのですが、多くが持ち家でした(庭のあるような広い屋敷の家は昔、庄屋だったような「名家」。農業する土地ほどなかったわが家でも、小さく惨めな造りでも持ち家だった)。

 アメリ発のホームドラマをみて関心は、「家」そのものよりも、シャレた家具、みたこともないデザインも洗練された家電製品、そして、ホームドラマの舞台は郊外なので生活必需品ともいえる自動車でした。

 子どものときは何もわからなかったけれど、まさに「戦後の日本の市場の活性化がアメリカのそれを模倣し、アメリカン・ウェイ・オブ・ライフを自らの夢としてきた」のでした。

 

 アメリには原爆を落とされ、いまもって日本の政権はアメリカ「忖度」からぬけ出られないような外交相手、なにもかも格別な存在なのでした。

 

 

                              ちりとてちん

 

2019.1.15 「家政」①

                                                  カメキチの目

f:id:kame710:20171029114701j:plain

 

 

 最近、『家事の政治学(題名を聞くだけではかたそうな本)を読みました。

かたそうでも、書名に惹かれた

 本との出あいも偶然で(どなたかの紹介でも「偶然」)おもしろい。

 読みたくて借りた本ではなく、(図書館の本を検索していて)たまたま目につき、おもしろそうと思い借りました。

 これは大当たりだった。読んでよかったです。

 

ーーーーーーーーーー 

「家政」とは、「家事」を(家庭内にとじ込めず)家庭外のさまざまな社会的な視点からもみた広い表現らしく、定義はいろいろあるようです。

 

 言葉を聞いて、私は中学生だった大昔、一週間に一授業、男子は「技術家庭」女子は「家庭」という授業科目があったことを思いだしました。

(いまの若者には「信じられない」と言われそうだが、昔は公の教育でも「男は外」「女は内」と豆まきみたいなことが通っていた。当時はいくら戦後民主主義教育といっても人々の意識がひとりでには男女平等になったわけでなく《「教育」とは長い時間をかけるもの》、それを「おかしな?こと」だと一部の先進的な方は別として、大多数は捉えていなかった。父母の姿から男女とは、その関係はこういうものだろうと思って育った。男と女の働きの違いは身体の違い《性差》からきた自然なものだと単純に思っていたのだろう。というか、「差別」というみかたはまだもっていなかった  

 

 働いていたころ、「男女参画…」が声高に叫ばれました。「看護婦」が「看護師」(「保母」が「保育士」)になった。私のところでは「婦人」を「女性」と書かなければならなくなった。

(その前には「メクラ」「ツンボ」「ビッコ」「クロンボ」…などが差別用語とされ、だんだん世間でも使われなくなった。書きかたでも「障害」が「障がい」とされた)

 さまざまな職業が男女を問わずにできるようになったのはすばらしい。

(が、「大工女子」「土木女子」…などと聞くと、「好きなのはわかるけれど…」「気をつけてください」と声かけたくなる。先日、テレビ番組で秋田県のある地方の「熊対策」担当が《熱意はあっても》女性なのには首をかしげ、「そんな危ない仕事は男の職員がやればいいのに…と思いましたが、きっと男性職員に熱意のある方はいなかったのでしょう)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「火星」のほうを「家政」より現代ではよく聞きます。

                  f:id:kame710:20181220195001g:plain

「家庭科」「家政科」という名称の高校のコースはいまも健在なのでしょうが、一般的な「家政」という言葉は死語にちかくなってきているのではないかと思われます。

・本のなかほどに、こんな部分がありました。

【引用】

産業革命が完成されていく中で家政学が出現してきたことは、また、家政学は、産業革命がもたらした家庭生活、家事労働の変化に対して、それを何とかより良い方向に変革しようとする意識を内在させていた。また、だからこそ、はじまったばかりの家政学は家庭からユートピアを生み出そうとしていたのである。

家政学は一方では、家庭内の労働を解放していくものとして考えられたが、しかし他方では、日本の初期の家政学に見られるように、女性の家事労働をとおして、家庭を国家的に管理するポリティカルな装置として機能したともいえる

 

・また最後のほうにこんなことが書かれていました。

【引用】

家政学は労働や貧困の問題を家庭生活の側から見ようとしていた。ハイデンはその家政学が対象にした家事労働を、労働を発見したマルクスエンゲルスすらも意義のある仕事とは見ていなかったと指摘している。…

労働や貧困、災害や戦争、市場のシステムや過剰な消費、理想の家庭・ユートピア。いまだ解決されていない近代の問題を、家庭生活(家事労働)を中心にして思考しようとした家政学の視点はすでにはるか以前に忘れ去られているように思える 

 

ーーーーーーーーーー

 日々の暮らし、朝おきて夜ねるまで、あたり前のように住まわせてもらっている家屋そのもの、家屋のなかの台所(キッチン)・便所・…家電製品などのモノ(水、エネルギーとしての電気、ガス、油などがないと役にたたないが)にも、私はあらためて目を向けてみることになりました。

 そして、「労働や貧困、災害や戦争、市場のシステムや過剰な消費」は家政学の出現から一世紀も軽く過ぎさったいまも続き、「理想の家庭・ユートピア」の実現どころか人類の存在、生存さえ危うくなっています。

 

  本を読んでの感想を、これを含め3回に分けて述べます。

 

 

                             ちりとてちん