kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

2018.11.20 図書館へ行く

                                                  カメキチの目

f:id:kame710:20171029114701j:plain

 

 

  1週間か10日ごとには 図書館の本を借りている。

 こんなにタダで本を読ませてもらい(買うとたいへん)、読まない市民のみなさんには申しわけない。 

働いているときは図書館は頭になかった。読書そのものがあまりできなかった。

(精を出して働いた覚えはないけれど、遅い夕食を終え、風呂にはいって、やっとくつろいで新聞・読書のタイムイン。でも新聞の好きなところを拾い読みし、本を前にすればたまに10ページ、平均2,3ページもすると睡魔に襲われダウン)

読みたい本があるのはたまのことなので、(結果的に「ツンドク」に終わるのが多かったが)買った。

 

図書館のありがたみを感じたことは、働いているとき一度だけあった(そのときはまだインターネットはなかった)。

仕事上の調べものがあり、その本を借りても家ではすぐに眠くなるので、勤務終了後から閉館まで「閲覧」という形で10日くらい通いつめた。

(思えば、インターネットはほんとうに便利。今では携帯スマホ「文字」という情報の膨大なたまり場のような図書館の機能の一部を代理してくれます。簡単なことならわざわざ図書館に行かなくても調べられる。しかもその情報は「更新」という手続きで最新版に改められる)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  図書館までは健康な人が歩けば20分以内なのだが、こっちはフラフラ歩きだから遅く、加えて散歩の要素が大きい歩きなので1時間ちかくかかる。

とちゅう二箇所、祠がある。高さ数十㎝くらいのお地蔵さんが一体か二体祀られているようだが、閉じられた扉の格子の目が隠しているのと中が暗いのとで見たことはない。

本体はよく見えなくとも、鎮座されているのは確かなので祠の前で帽子をぬぎ、合掌する(カミホトケに関したものに出あうたびに私は敬虔ふかくなるのだ)。

ずっと前に読んだ内田樹さんの本に、神社仏閣など、いわゆる「聖域」は数かぎりない人々の「祈り」がなされ、なされた場所だと想うと自分はそこを訪ねると自然に手が合わさるという意味のことが書かれており、なるほどなあと思った。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 ところで、

 先日の図書館への道すがら、いつものように祠に合掌した。

すると、「ちゃんと神仏の力が効いておれば障害を負うこともなかったのに…」とジョークながらも「恨み節」のようなことをツレが言ったので、

私は「だけど…」と返した。                           

                             

                             f:id:kame710:20181119140839g:plain

 

「死んでいた」かもしれない。「こうして歩けなかった」かもしれない。

つまり、「不幸中の幸い」だったわけだ。

続けて「半分しあわせ。」と、こっちもジョークで返した(こんなのは「ジョーク」ではないか)。

 もちろん「完熟しあわせ」なのだが、遠慮しての「半分」でもあった。

 

 前に『キノコの話』で書いたように、幸せは[実現÷欲望]なので、分母はなるべく小さいほうがいいのだ。そう、ちょっと「遠慮」するのがいいかな。

 

 

                           ちりとてちん

2018.11.17 『Aではない君と』

                                                  カメキチの目

f:id:kame710:20171029114701j:plain

 

だいぶん前に録っていたドラマが考えさせることが深く、神経を使いすぎたからか少々つかれた。

しかし、見のがさないでほんとうによかった。

 

『Aではない君と』

                            f:id:kame710:20181018145041g:plain

原作は小説

(もちろん原作に直接せっするのがいいのですが、それが苦手な者にはテレビドラマになるのはありがたいです)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

「A」とあったので、「ああ、アレか…」と思った。

作者は神戸のあの事件に深くふかく向きあい、罪を犯した人間がそれを悔い、「更生」するとはどういうことなのかを、この小説では「いじめ」問題を扱うなかで迫ろうとしていた。

罪を悔い、人生をやり直す。そのことを少年期においてするというのはどういうことなのか。

「更生」はほんとうに可能なのだろうか。可能だとしたら、その条件は何なのか。

 

・ここでも14歳の少年が殺人を犯す。少年はすぐに捕まった。

 

物語のあらすじは、加害少年の父(主人公)が、ドラマの初めのほうの「自分の子どもが殺人を犯すはずはない」という、わが子を擁護する姿から始まり、息子が警察の取り調べにすなおに応じて罪を認めたことから、

「なぜ、息子は罪を犯したのか?」と真相追及へと移り、そのなかで息子への関わり・育て方の拙さを深く反省し、変わってゆく物語。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

真相追及で明らかにされたことは…

        ↓ 

息子は友だちに心をズタズタに切りさかれる「いじめ」を受け、友だちを殺してしまった。

主人公は息子との面会で、初めて「心が死ぬ」ほどのいじめを受けていたことを知り、その事実と気づいてやれなかった自分に愕然とする。

どれほどつらかったことか…と彼の気もちをわかろうとするが、殺人を犯すほど傷ついた(「死んだ」)息子の心は開かない。

 

しかし、「心が死ぬ」ほど辛くても、自分の心を殺した相手が憎くても、どんな理由であろうとも(法治国家である日本では)殺人は許されない。

 

被害少年の父親もとても息子を愛していたので、息子が酷いいじめをしていたことは悪いけれど、彼を殺した少年を許せない気もちでいっぱいだ。

(死んだ息子は、死んでいるのでもう「更生」することさえかなわないのだ。主人公が被害者少年の仏前に焼香に訪れたとき、父親は激昂して叫ぶように言う。「息子さんがほんとうに『更生』したら、線香をあげにきてほしい」と)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

キーワードは題名の「Aではない…」にあるのだろう。

  

息子をAとさせないために、父(主人公)は殺人を犯した息子といっしょに自分も生涯ゆるされることのない「罪」を背負って生きようとする。

彼の唯一の「親」だから。

(もうひとりの親、母も出てきますが、ドラマでの主人公は父親なのでした)。

  

【オマケ】

物語のすじ、流れはそれほど複雑ではありませんでした。

複雑ではないのですが、

①主人公は妻と離婚し、息子は妻が引きとり、その母は働いて忙しくしていること、②息子はちょっと寂しい思いもあり、ペットを飼い、とてもかわいがっていたことなどは、いってしまえばありふれた問題です。

でも、③かわいがっていたペットを殺してしまわされるほどの、「心が死ぬ」ほどのいじめを友だちから受けたこと、④「心が死」んでいたので、友だち(人間)を殺すこととペット(動物)を殺すことの見境はつかなくなっていたことなどは、深刻な問題。

そして⑤罪を悔いることはどういうことか、それが人間(少年)を「更生」させることにつながるのか?

 

複雑ではなくても、いえ複雑でないからこそ、深く考えさられました。

 

 

                ちりとてちん