kame710のブログ

2006年7月10日が運命の分かれ道、障害者に、同時に胃ガンで胃全摘出、なおかつしぶとく生きています

2019.10.18 ラパスのサッカー少年

       カメキチの目

 

 

 

   NHKBSで『世界ふれあい旅』という番組が

ある。

ことしの3月、コスタリカ」の旅がありました。

コスタリカには軍隊がない。そして、

「プラビータ」という挨拶みたいなステキな言葉があります。

それらに感激したという記事を書いた)

 

 こんどは、ボリビアの事実上の首都、ラパス

という富士山と同じくらいの高さにある街での

「ふれあい」だった。

              グーグル画像より 

              f:id:kame710:20190927155951p:plain

ボリビアフォルクローレというアンデス地方民族音楽の本場。

で、「ふれあい」のひとつとしてケーナ《民族楽器》などの音色が

聴けるかなと期待してみたのです。

それはなかったけれど、あるインタビューのワンシーンにとても感動した。

のちに、そのシーンをみられたことが《ちょっと大げさないい方

だけど》「奇跡的なできごと」に思えてきました。そう思うほど感動した

 

ーーーーーーーーーーー

 富裕層は土地も平らで安定した街の中心部の

ほうに住んでいるが、そのサッカー少年は

周囲の高地に住んでいる。

 

「ふれあい」インタビューは(その番組はインタビューする

NHKスタッフはカメラに映らないようになっています)たまたま、

坂道でサッカーボールを器用に、下に転がって

いかないよう蹴っていた10歳くらいの少年を

中心に、まわりにいた兄弟を含めて行われた

 

 サッカー少年は夢を語った。

ボリビアの代表選手になって、ワールド

カップに出たい」と。

 

 (ここまでならどこでもよく聞く。日本の場合なら「甲子園にでる」とか

プロ野球選手になる」…。そのほか選択肢は豊富にあります

 サッカー少年は続けて言う。

「貧しい子どもたちや貧しい女性たちの力に

なるんだ」。

(字幕にはっきり「貧しい女性たち」と出ていました。

きっとお母さんのことを思っていたのでしょう)

 そのときの涙顔が、健気な言葉とともに

こっちの涙腺を刺激して困った。

(「涙顔」といっても、ホントに涙を流しているわけではありません。

しかし、強い思いの告白がちょっと照れくさいのか、とまどったような表情が

こちらにはそう見えたのです。

原住民の血を引いているらしい浅黒い肌にニカっと笑った《崩した》顔の白い歯が

対照的に映え、まぶしかった。

粗末な服装。粗末な靴。黒ずんだ使い古されたボールも強く印象に残った)

 番組が終わってもいつまでも忘れられず、

しばらくポカンとしていた

 

(テレビドラマや映画ですごく感動したことはよくあるが、気楽な旅番組で感動、

しかも泣けてくるようなことはこれまで経験したことがなかった)

 

 

 

                      f:id:kame710:20171029114701j:plain

                          ちりとてちん

<