読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

カメキチの目(2016.1.26 は~ぁ)

 

                                                  カメキチの目

              f:id:kame710:20150902114233j:plain

   

 

 

 

 

 は~ぁ…

 息を整えるためにときどき喉をならす(ため息じゃない)。

  日常生活は動作がすごく遅いが、だいたい難なくこなしている。

 身体の節々に鉛の塊が埋め込まれている感覚があり、バランスがうまくとるのに少し時間がかかるのにも、視界が揺れ、二重にみえるのも、慣れている。

 

 ところがこんどは、ホントのため息である。は~ぁ…

 (自己嫌悪)

 

 グサリ! 刃物で刺すようにサイ(妻)の心を傷つけていたとは思わなかった。

 歳とともに(それだけ反省が増え)、私は人間として多少はマシになっていると思っていた。

 

 だが、まったくの勘違いであった。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私の心には、深いところに、気づかれないよう“障害”が隠れひそんでいたのだ。

 

「いつだってどこだって自然体」だと思っていた。 

 だから、自分の障害を卑下したことなんて一度だってなかった。

 

 しかし… しかし、である。

 

 子どもの成長は早い。孫たちは大きくなってゆき、私はもの足りない存在となっていた。それは自分でもわかっていたが、気づかないふりをしていた。

 彼らに私はウルトラマンXはムリでも、どこか「オジイはすごいなぁー」とうらやましがってほしいと思っていた。それはムリでも、人なみなジイサンを演じたい、と思っていた。

                          f:id:kame710:20160124164003g:plain

(この前、ゲームセンターについて行った。ヘンな人から《私がいちばんヘンなくせに》彼らを守るために。ところが杖をついて立っているのが精いっぱい。子どもたちが「ヤッター!」と喜びあがっても、なんがヤッターなのかわからないまま、「よかったね」となま返事する)

 ブログでは謙遜ぶっているつもりでも、実態はこうである。

 で、

  障害者になり10年目を迎えようとするのに先日、ささいなきっかけで、この実態を突きつけられ、“障害者”ということが私の心には重石のようにのしかかっていることを、思い知った。

 きっかけはホントにささいであったが、“プライド”が傷ついた(と思った)。

 なぬ?プライド(そんなくだらぬものがあったのです)

 くだらぬものを守るため、彼女の心をどん底に落としていいのか。

 こんな私自分こそ(地獄の)どん底に落ちねばならぬのに…

 

 

                  ちりとてちん