kame710のブログ

2006年7月10日高所から転落、障害者となり、オマケに胃ガンで胃を全摘してなおかつしぶとく生きています

2017.4.27 桜 さくら

                                                  カメキチの目

              f:id:kame710:20150902114233j:plain

 

 

♪ さくらー さくらー やよいのそーらも… ♪ 

 

 先日は、温泉に桜がかさなって、ほんとに「いのちの洗濯」になった。

 その温泉は大昔、伊勢神宮に参る人たちが娯楽をかねて身を清めたらしく、清少納言の『枕草子』にも出てくるとのこと。平安のころにも人びとは桜を心待ちにしていたと、『枕草子』のことについて書かれた本を読んだツレが夕べ話してくれた。

 日本にうまれ、日本人として生きるということに、桜は欠かせないのだと歳とるごとにだんだん強く感じてきたが、自分にもそういうDNAみたいなものが流れているのかな。

 

 西行法師の

願わくば 花の下にて 春死なん その望月の如月の頃

のように死にたいな。

 

 桜とのつき合いは、現代の私たちのほうが多いが(園や学校に入ったり出たり、人生の節目ふしめにはそばに桜がありました、濃く深く味わったのは、だんぜん西行だろう。

 

f:id:kame710:20170412120801j:plain

 

f:id:kame710:20170412131514j:plain

 

f:id:kame710:20170412131728j:plain

 

f:id:kame710:20170412133707j:plain

 

f:id:kame710:20170412134340j:plain

 

f:id:kame710:20170412134524j:plain

 

f:id:kame710:20170412135801j:plain

 

f:id:kame710:20170412141306j:plain

 

f:id:kame710:20170412142816j:plain

 

f:id:kame710:20170412142936j:plain

 

f:id:kame710:20170412144106j:plain

 

f:id:kame710:20170413074439j:plain

 

f:id:kame710:20170413131306j:plain

 

f:id:kame710:20170413133057j:plain

 

f:id:kame710:20170413141855j:plain

 

ちりとてちん